ウサギの避妊手術(雌:卵巣子宮摘出術)

  • 予約が必要です
  • 日帰り手術です
  • お食事とお水は通常どおり与えてください
  • 手術当日午前9時30分~午後11時までにお越しください。お仕事等で早くお預けされたい場合はご相談ください(例:午前7時のお預け等)
  • 退院は、手術当日の午後5時以降になります。
  • 退院後、約4日間抗菌剤と胃薬のシロップをお飲みください。
  • 皮膚の表面に糸がでないように吸収糸(溶ける糸)で縫う(皮内縫合)ので、抜糸の必要はありませんし、舐めることもほとんどありません
  • 皮膚下の糸は、溶けるまでは多少凸凹しますが、半年後に触れることはほぼありません。

 右の写真は、避妊手術で摘出したウサギさんの子宮と卵巣です。陰部出血などの症状で来院された後、診察で子宮の病気(子宮内膜過形成、子宮腺癌など)が疑われ、避妊手術になる場合も多くあります。陰部出血を放置すると貧血が進行する危険があるので、症状があるウサギさんは早めにご相談ください。

 あと余談ではありますが、ウサギの性別を逆に認識している飼主さんも意外と多く、「雄のウサギが血尿」ということで診させていただいたら、「実は雌で子宮腫瘍だった」というケースもありました。

フィラリア予防!!

 フィラリアの予防薬を服用する時期です!お忘れになられている飼い主さんいませんか?

 山陽小野田市、美祢市、宇部市にお住まいの予防されていないワンコからフィラリアを検出していますよ!!

最終更新日

2018年7月6