スタッフを募集しています!!

 来院患者様の増加と動物医療サービス向上のために、動物看護と医療事務を主な業務とするスタッフを1名増員する予定です。詳細につきましては、ハローワークの募集要項をご参照下さい。また、診察時間中やお昼の手術時間中は多忙のためお電話で応対できない場合が多く、折り返しこちらからお電話させて頂くか、インターネット(←をクリック)で当院までお問い合わせ下さい。

 

待遇:正社員(試用期間3ヶ月)、あるいは有期雇用(1年毎に更新審査。試用期間3ヶ月)

採用審査:書類(履歴書等)、面接。なお、インターンシップ(賃金支給)後に採用する場合もあります

保険等:社会(健康)保険、厚生年金、労災保険、雇用保険

現状の職員数:獣医師1人、動物看護師兼医療事務5名

 

求める人材:飼主様や他のスタッフとしっかりコミュニケーションをとり、それぞれの動物の個性を受け入れ、動物の病気やケガを理解して、動物の医療を支えていく仕事です。また、愛玩動物看護師法が3年以内に施行されますが、勤務しながら施行後5年以内に動物看護師の国家資格取得することを目指して欲しいと思います(施行5年後までは、動物看護師としての5年の実務経験があれば、各種学校を卒業していなくても国家試験受験への道が開けます。動物関連の各種学校を卒業した場合は受験資格取得が有利になると思われますが、2年制専門学校を卒業した場合の規定は未だ制定されていません)。あと、職員利用施設(更衣室等)の関係から対象は女性に限らせて頂きます。また、動物は臭いに敏感なので、喫煙者や香水等の強い香料の使用者は採用できません。

 

当院での仕事内容は概ね以下のとおりです。

 仕事内容ですが、診察時間中看護担当のスタッフは、診察の補助をします。右の写真は、眼科診療を行っている間、動物の体を支えているところです。「やさしくしっかり」が基本です。

 左の写真は、血液検査や尿検査をしているところです。これもスタッフの仕事で、担当した患者様の健康状態を院内で速やかに解析していきます。

 診察と検査をおこなって診断がつくと、次に治療を行います。右の写真は獣医師の処方指示に従って、薬を用意しているところです。当院では、必ずダブルチェックを行い、処方ミスの根絶に努めています。

 薬を用意している間、別のスタッフが次の患者さんをお呼びするために、診察室を綺麗に掃除します。院内を清潔に保つことが重要です。診察台には毛が一本も残らないようにします。

 診察室では、獣医師が飼主様に説明しますが、補足説明は看護担当スタッフや受付担当スタッフが行います。飼主様にわかりやすく説明するためには、自分もしっかり勉強しておく必要があります。

 医療事務担当のスタッフは、来院受付、カルテの作成、お会計、電話応対などをやって頂きます。看護担当と医療事務担当はローテーションですが、慣れるまでは看護業務に専念して頂きます。

 入院患者さんの管理も重要な仕事です。常に健康状態を把握して、異変がないか気を配っています。おしっこをしたらすぐにマットを交換したり、入院中の処方食を準備したりします。

 正午から15時ぐらいは、手術と集中検査の時間です。この時間が最も忙しく、1日2~3件の手術があるので、その助手をしたり、器具の用意をしたりします。交代で休憩をします。

SFTS感染症にご注意!

 宇部市内と山陽小野田市内でSFTSに感染した動物が確認されています。SFTSはマダニから直接感染するだけではなく、SFTSを発症した猫から人が感染発症することがあります。猫は屋内飼育されることをお勧めします。

 

 

最終更新日

2020年5月10