内視鏡

 主に胃の中を調べるときに内視鏡が活躍します。他には、咽頭、食道、小腸(十二指腸)、大腸なども覗くことができます。内視鏡の先端に小型カメラ(CCD)が付いていて、映像をモニターで見ながら操作します。

 左の写真は、わんちゃんの胃から内視鏡で取り出したピックで、前日にお弁当のウインナーをこれごと食べてしまったとのことで来院されました。消化管には傷もなく大事に至らずにすみました。このような尖ったものを誤食した場合は、吐かせるのは危険で、内視鏡が第一選択となります。

 右は、嘔吐を繰り返すワンちゃんから内視鏡でとりだしたバラバラになった手袋です。食べてから相当の日数が経過しており、胃液と逆流した胆汁にしっかり漬かっており変色していました。

 左は、ペットフードのおまけの消臭シート(厚手のフェルト様で壁貼型)で、これを小型犬が食べてしまい、催吐(薬で嘔吐)させても出ないので、内視鏡をすることに。胃の中を覗くと後にも先にも行けずに胃壁に貼りついていました。類似症例が続かないようメーカーさんにもお知らせしました。

 猫さんの症例として意外と多いのが、紐状の長いものを食べてしまうことです。右の写真は糸付待針の糸側から食べてしまい針が口の奥で引っかかった猫さんから取り出したものです。麻酔をかけて針をそっと引張って抵抗がなかったので取り出しました。内視鏡は取り出しには直接必要ありませんでしたが、このような紐状異物は、飲込時あるいは摘出時に食道や胃、腸を傷つける可能性があるため、傷の確認に使用しました。

フィラリア予防!!

 フィラリアの予防薬を服用する時期です!お忘れになられている飼い主さんいませんか?

 山陽小野田市、美祢市、宇部市にお住まいの予防されていないワンコからフィラリアを検出していますよ!!

最終更新日

2018年7月27