新型コロナウイルス対策

 

1.宇部市の狂犬病予防集合注射は新型コロナウイルス対策のため、中断・延期(再開時期は未定)されました。当院でも狂犬病予防注射はできます。ただし、注射済票および登録鑑札を即日交付できるのは宇部市と山陽小野田市に定住している犬に対してのみです。

 

2.現在、恐れ入りいますが、以下のいずれかに該当する方の院内立入を制限させて頂いております。該当される方で動物の診察をご希望される場合は、事前にお電話でご相談下さい。

  • 体温が37℃以上である方
  • 咳などのコロナウイルス感染症と同様の症状が認められる方
  • クラスターが発生している都道府県あるいは海外都市に過去2週間以内に訪問された方
  • 新型コロナウイルス感染者との濃厚接触者の方
3.来院される際は、可能な限りマスクをご着用下さい。
4.車でお待ち頂くこともできます。順番が来ましたらお呼び致しますので、受付票に車のナンバー(4桁)をお書き下さい。
5.換気のために扉や窓を開放する場合があります。特に猫さんの逃亡には充分ご注意下さい。猫さんは必ずキャリーや大きめの洗濯ネットなどに入ってお待ち下さい。
6.当院スタッフは、飼主様への飛沫防止目的でマスクを着用させて頂いております。また、スタッフ全員は、毎朝検温し出勤しておりますが、上述した状態が認められた場合は、出勤停止にする予定です。万一、院長が上述した状態になった場合、あるいは院長を含めスタッフが新型コロナウイルスに感染した場合や濃厚接触者に認定された場合は臨時休診する予定です。あらかじめお断り申し上げます。

SFTS感染症にご注意!

 宇部市内と山陽小野田市内でSFTSに感染した動物が確認されています。SFTSはマダニから直接感染するだけではなく、SFTSを発症した猫から人が感染発症することがあります。猫は屋内飼育されることをお勧めします。

 

 

最終更新日

2020年7月3