「杞憂」と「合理的な心配」との狭間で

 台風10号対策で窓ガラスに貼った養生テープを剥がしながら、安堵と疲労が混ざったため息をつく。先月下旬に山陽小野田市と宇部市でコロナウイルス感染が激増してから、今日台風が通り過ぎるまで、今となっては無駄なことに多くの考えを巡らし、ただでさえマスクで呼吸しづらいのに息が詰まりそうだった。とは言っても台風に関しては単なる「杞憂」ではなく、市の高潮ハザードマップや気象庁の発表に基づいた「合理的な心配」ではあった。何の心配もせず、大した計画もなく、ふら~っとバックパッカーとして出かけた先で学生時代に買った自分用の土産を見上げながら、「そんなお気楽な時もあったな」と懐かしむ。台風対策で使った養生テープを剥がすように、コロナウイルス対策グッズを捨てられる日が早く来ればいいですね。

SFTS感染症にご注意!

 宇部市内と山陽小野田市内でSFTSに感染した動物が確認されています。SFTSはマダニから直接感染するだけではなく、SFTSを発症した猫から人が感染発症することがあります。猫は屋内飼育されることをお勧めします。

 

 

最終更新日

2020年9月7