猫の避妊手術(雌:卵巣子宮摘出術)

 左の写真は猫の避妊手術直後で、猫は表から見えない皮膚を縫うので(傷は平均約2cm)、抜糸で再来院する必要がなく、また術後に舐めることもほとんどありません。

 

  • 予約が必要です
  • 日帰り手術です
  • お食事は、手術前日の20時までにお済ませください    
  • お水は、手術当日午前8時まで結構です。
  • 手術当日午前9時30分~午後11時までにお越しください。お仕事等で早くお預けされたい場合はご相談ください(例:午前7時のお預け等)
  • 退院は、手術当日の午後5時以降になります。
  • 長期間作用する抗生物質を注射しますので、薬を飲ませる必要はありません
  • 皮膚の表面からは縫っている糸は見えません。溶ける糸を皮膚の中で使用しますので、抜糸の必要はありませんし、気にして舐めることもほとんどありません
  • 手術後に来院する必要は原則ありません。
  • 皮膚の下(腹壁)の糸は、溶けるまでは多少凸凹しますが、半年後に触れることはほぼありません。

 

フィラリア予防!!

 フィラリアの予防薬を服用する時期です!お忘れになられている飼い主さんいませんか?

 山陽小野田市、美祢市、宇部市にお住まいの予防されていないワンコからフィラリアを検出していますよ!!

最終更新日

2018年7月6